技術資料

ゴム・プラスチック性能一覧表

・無機薬品に対する抵抗性は試料の外観の変化、液の汚染の程度、及び物性の変化を重視。
◎=優:全く、あるいはほとんど影響がない
○=良:若干の影響はあるが条件により十分使用に耐える
△=可:なるべく使わない方がよい
×=不可:烈しい影響があるため、使用に適さない

・有機の油、溶剤に対する抵抗性は、試料を室温で48時間浸せきして重量変化を測定し、下記に従って分類。
◎=重量変化率10%以下
○=重量変化率11〜30%
△=重量変化率31〜100%
×=重量変化率100%以上
上記のほか地尾コールがビールやミルクなどに×になっているのは悪臭により食品用に不適となっている。

(注)特に断りのない限り水溶液濃度は飽和状態、温度は常温(RT)である。
例 酢酸〔10・RT〕は10%、室温の略 〔50・70〕は50%、70℃の略

※耐薬品性の表示はあくまでも目安としての参考値です。実際のご使用は試験片などによる実験試験でご確認の上、ご使用下さい。

各種ゴムの耐油性、耐溶剤性、耐薬品性一覧表1

名称 イソプレンゴム
天然ゴム
ブタジエンゴム スチレンゴム ブチルゴム エチレンプロピレンゴム クロロプレンゴム クロロスルフォン化
ポリエチレン
エピクロルヒドリンゴム ニトリルゴム アクリルゴム ウレタンゴム 多硫化ゴム シリコーンゴム フッ素ゴム
IR
NR
BR SBR IIR EPDM
EPM
CR CSM ECO
CO
NBR ANM
ACM
U T Q FKM
アクリル酸エチル           × ×     ×
アクリル酸ブチル   × × × ×     × ×     ×
アクリロニトリル × × × × × ×   × × ×
亜硝酸アンモニウム                      
アスファルト × × × × × ×
アセチレン     ○・△ ○・△
アセトアミド × × × ×
アセトアルデヒド × △・× △・× × × × × ×
アセト酢酸エチル   ○・△   × ×         ×
アセトフェノン × × × × × × × × ×   ×
アセトン   ○・△ × × × × ○・△ ×
アニリン × × × × × × × ×
アニリン染料   × × × ×  
亜麻仁油 × × ×
アミルアルコール × ×
アミルナフタリン × × × × × × ×   × ×
亜硫酸(10RT)   × × ×
亜硫酸ガス ×   ×
亜硫酸ナトリウム ×
安息香酸ベンジル ○・△ × ×   ×   × ×     ×    
アンモニア(無水)   ○・△       ×
液体アンモニア ○・△ ○・△ ○・△   ○・△ ○・△   ◎・○     ×  
アンモニアガス(冷)   - - ×
アンモニアガス (熱) ○・△ ○・△ ○・△ ◎・○   ○・△ - × × ×
アンモニア水
(水酸化アンモニウム)
× × × ◎・○ × × ×
イオウ × × ×   × ×   ×
イソオクタン × × × × × ◎・○ ×
イソブチルアルコール × ×
イソプロピルアルコール ×  
イソプロピルエーテル × × × × ×   ×
ウイスキー × ×
液化石油ガス(LPG) × × × × ×
液体塩素 ×   × ×   ×   ×          
エタノールアミン × ×
エチルアルコール
(エタノール)
×
エチルセルロース ◎・○   × ×
エチルベンゼン × × × ×   ×   ×     ○・△ ×
エチレンオキサイド       × × × ×       ×
エチレングリコール ×
エチレンクロルヒドリン   × ×    
エチレンジアミン ×     × ×

技術資料トップに戻る

↑PAGE TOP

コクゴについて

  • HOME
  • 会社案内
  • 会社案内
  • 会社案内
  • ISOへの取り組み
  • 品質保証への取り組み
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 関連リンク

デジタルカタログ

カタログ請求

単品チラシダウンロード

M&Sニュース

ショールームのご案内

成形加工案内

技術資料